【tdr1046】名称変更された「キャッスルカルーセル」の元の名称と変わった理由とは?

1046

東京ディズニーランドにあるカルーセル型アトラクションといえば・・・ファンタジーランドのアトラクション「キャッスルカルーセル」ですね。

シンデレラをモチーフにした華やかなカルーセルですが、元々このアトラクションは「キャッスルカルーセル」という名前ではありませんでした。

「キャッスルカルーセル」という名前に変わったのは東京ディズニーシーがオープンした2001年9月4日。それ以前は「シンデレラのゴールデンカルーセル」という名前で運営していました。

何故、このタイミングで名前が変わったのでしょうか?

東京ディズニーシーがオープンした日、アラビアンコーストではディズニー映画「アラジンをモチーフにしたアトラクション「キャラバンカルーセル」がオープン。

このスポンサーに「シンデレラのゴールデンカルーセル(当時名称)」のスポンサーをしていた森永製菓が就任。

両パークにあるカルーセルのスポンサーとなったことに伴い、“対になる名称”として「キャッスルカルーセル」と名称を変えたのでした。

ちなみに、2006年9月に森永製菓は両カルーセルのスポンサーから撤退。今現在(2016年3月時点)はスポンサーのない状態が続いています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る