【tdr1045】子供を連れての東京ディズニーシーで疲れたら・・・ちょっと休憩できる穴場ポイント

パレードにショー、アトラクションにショッピングと、楽しみたいもので溢れている東京ディズニーシー。

一日で全部見て回ることは出来ないからこそ、ゆっくり回って楽しむゲストもいれば、出来るだけ多く回ろうと頑張るゲストもいるかと思います。

しかし、楽しさと裏腹で何時間も歩けば疲れてしまうもの。ましてやお子様連れとなるとゆっくり腰をおろして休みたくなりますよね?

そこでお勧めしたいのが、マーメイドラグーン内にある「アリエルのプレイグラウンド」です。

「アリエルのプレイグラウンド」は9つのエリアに分かれた、見て、触って、自由に動き回れるアトラクションです。

9つのエリアは以下の通り。

1:ケルプ・フォレスト・・・迷路になっている大きな海草の森
2:フィッシャーマンズ・ネット・・・天井のネットを歩くエリア ※一方通行
3:ガリオン・グレイヴヤード・・・沈没船エリア。見て触って遊べる
4:ケープ・オブ・シャドー・・・洞窟と小さい部屋のエリア
5:アリエルのグロット・・・アリエルの洞窟。人間界から集めてきたものが置かれている
6:シードラゴン・・・大きなシードラゴンの骨で作られたトンネル。くぐるだけ
7:アースラのダンジョン・・・アースラの洞窟。アースラが時々登場する鏡などがある
8:マーメイド・シースプレー・・・不規則に水が噴出するエリア。※子供は着替えが必要
9:スターフィッシュ・プレイペン・・・7歳未満のゲストのみが利用できるキッズエリア

屋内のアトラクションですから雨に濡れる心配もありませんし、それなりに広いため、他のゲストに気兼ねなく子供が自由に遊び回ることができるようになっています。また、床は柔らかい素材で出来ており、足の負担は少なく照明が薄暗いため、リラックスしやすい空間です。

他のアトラクションが混雑しているときや雨のとき、親が疲れたときにはもってこいの場所で、子供を元気に遊ばせている間、ゆっくりできるのがポイント。

賢く使って、休憩をとるゲストの姿も多く見られます。

小さいお子様がいる家庭では、キッズステーションはありがたいですよね。

お子様連れで東京ディズニーシーへ行く方は、利用してみてはいかがですか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る