【tdr0904】30周年は伊達じゃない?イベント初日は大混雑だった!

2013年4月15日、東京ディズニーリゾート開業30周年を記念した特別イベント「ザ・ハピネス・イヤー」が開催した日、東京ディズニーリゾートでは大行列・大混雑が発生していました。

イベント初日は月曜日。本来ならば“そこそこ空いている曜日”なのですが、30周年という記念すべき節目の日に日本全国からディズニーファンが押し寄せ、エントランス前には過去に類を見ない行列を作りました。

東京ディズニーランドでは約8万人、東京ディズニーシーでは約5万人を目途に入場制限をかけるのですが、この日、東京ディズニーリゾートを訪れたゲストはなんと8万人以上。

月曜日だというのに大型連休並みの入園者数を記録したわけです。

そうして始まった「ザ・ハピネス・イヤー」は大盛況のまま幕を下ろし、年間入場者数(ランド&シー)で過去最多の3,129万8,000人を記録しました。

多くの人から愛されて30周年続いた東京ディズニーリゾート。

今後どのような記録を打ち出すのか、目が離せませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る