【tdr1797】待ち時間中に買い物が出来る!?2018年夏に導入されるTDR公式アプリとは

これまで「ハピネスカム」や「ショー抽選アプリ」という東京ディズニーリゾート公式アプリを提供してきたオリエンタルランド。

これらのアプリを使ったことがあるゲストも多いかと思いますが、今回オリエンタルランドは更に便利な公式アプリを導入すると発表しました。

なんと、そのアプリで待ち時間の確認のほか、園内での買い物もすることが出来るのです!

オリエンタルランドはこの画期的な公式アプリを2018年夏に導入しようとしており、これによる混雑緩和に期待が集まっています。

確かに、待ち時間が把握できればタイムスケジュールが組みやすくなって長蛇の列の解消も期待できますし、アトラクションを待っている間にスマートフォンで買い物できれば帰り際のショップ混雑も緩和されることでしょう。

そのほか、園内のマップ確認やチケットの購入、レストランやホテルの予約、チェックインなども出来るようになるとのこと。

これを使いこなせばタイムラグなしでスムーズに移動し、スマートにディズニーリゾートを満喫することが出来そうですよね。

因みにアメリカのディズニーランド・リゾートなどでは既に導入済み。

一部ゲストの間では日本でも早く導入して欲しいという声も挙がっていましたが、IT投資による“夢の国”への現実的な干渉を避けたかったオリエンタルランドはスマホアプリの導入に躊躇していたようです。

とはいえ、今や誰もがスマートフォンを持つ時代。ゲストの満足度向上のために導入に踏み切ったわけですね。

しかも将来的には多言語にも対応するとのこと。導入日はまだ未定ですが、このサービスには期待ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る