【tdr1304】「美女と野獣」ガストンの驚きの食習慣とは

1991年11月22日(日本では1992年9月23日)に公開されたディズニーの長編アニメーション映画「美女と野獣」

2017年3月にはベル役にエマ・ワトソンをキャスティングした実写版が公開されることもあり、再び注目を集めているタイトルです。

さて、そんな不朽の名作とも知られる「美女と野獣」のヴィランズといえば・・・ベルが住む街の英雄「ガストン」

狩りの名人であり、女性にも人気のある陽気な男前・・・だけども、その内面は傲慢でうぬぼれ屋の乱暴なナルシスト。ベルに惚れ込み、振り向かせるために野獣を亡き者にしようと画策する、怪力だけが自慢のキャラクターです。

怪力自慢な彼には、こだわりの食生活があります。

それが“卵”を食べること。

勿論、ただ卵を食べるわけではありません。なんと、1日に60個も食べるのです。

尋常じゃない数ですよね。

ガストンは子供の時から大量の卵を食べることを習慣としており、子供の時は毎日48個食べていたそう。

基本的に卵の1日の摂取量に制限はないそうですが、健康な人は1日2個程度が適量と言われています。

それを踏まえて考えると、ガストンの異常さが分かりますよね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る