【tdr0714】あのミッキーが大失敗?カウントダウンイベントでしでかしたミッキーの失敗とは

ディズニーパークに登場する可愛らしいディズニーキャラクター達。彼らはいつも完璧なパフォーマンスでゲストを楽しませてくれます。

特にディズニーの代表キャラクターであり、一番多忙なミッキーは失敗なし!・・・と言いたいところですが、信じられないことに、あのミッキーがパフォーマンスで大失敗をおかしたことがあるのです。

2007年12月31日、この日、東京ディズニーシーでは「メディテレーニアンハーバー・カウントダウン・セレブレーション」というカウントダウンイベントが行われていました。

そのイベントのメインショー前に「チップとデールのヒートサービス」が2回行われたのですが、この2回目のときに悲劇が起きてしまったのです。

「チップとデールのヒートサービス」の流れは以下の通り。

○船に乗ったチップとデールが「溶岩ほしいですかー」の掛け声のもと、プロメテウス火山の火で周囲を温めるパフォーマンスを行う。
○船に引火し、助けを求める。
○そこをミッキーが水上バイクで助けにくる。

・・・という流れが正解なのですが、この助けに行くときに“悲劇”が起こりました。

なんと、ミッキーが操舵していた水上バイクが水上施設に接触してしまい、転覆してしまったのです。

それは日付の変わる前、23時過ぎのこと。

真冬の、しかも夜中の冷え切った水の中に落ちるとは・・・ミッキー本人も焦ったことでしょう。

落ちたことで、イベントで流れていた音楽がストップ。無音のままダンスショーが続けられ、落ちたミッキーは救援ボートにより助けられました。

その後、ミッキーは東京ディズニーランドのカウントダウンのため、そのまま退場。東京ディズニーシー史上に残る珍事件となったのでした。

世界的なスーパースターでも失敗はする・・・当たり前と言えば当たり前なことですが、それにしても水の中に落ちるなんて、誰も思わなかったでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る