【tdr1190】超意外!ジョーンズ博士の苦手なものとは・・・

東京ディズニーシーのロストリバーデルタにある人気アトラクション「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」

言わずと知れた名作映画「インディ・ジョーンズ」シリーズを題材にしたスリリングなアトラクションですね。

さて、インディ・ジョーンズといえば、考古学者でありながら、様々な冒険の中で危機を乗り越えてきた超肉体派。文武両道で苦手なものは一切無し!と思いきや・・・そんな彼にも唯一苦手とするものがあります。

一体、彼の苦手なものとは何なのでしょうか?

その答えは意外にも「蛇」

蛇なんて、彼の冒険の中では珍しくない生き物のように思えますが、一体何故苦手になってしまったのでしょうか?

苦手になった理由はが明かされたのは、1989年に公開された「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」にて。この作品の冒頭で“幼少時にサーカス団の大量の蛇を積んだ車両の中に落ち、噛まれそうになって苦手になった”と明かされています。

あれだけの冒険を繰り広げていて、蛇が苦手なんて実に意外な設定ですよね。

因みに、ジョーンズの父「ヘンリー」が苦手な動物はネズミ。

親子揃って洞窟にいそうな生き物が苦手とは・・・何だか可愛らしいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る