【tdr1392】ヒューイ・デューイ・ルーイの母親が失踪した理由とは

ディズニーキャラクターとしてお馴染みの「ドナルド・ダック」

甥っこには可愛らしい3つ子「ヒューイ・デューイ・ルーイ」の3人がいることは有名かと思いますが、その母親についてはご存知ない方も多いのではないでしょうか?

母親の名前は、漫画版「デラ・ダック」、映画版「ダンベラ・ダック」(ここではデラで統一します)。

デラはドナルドとは双子の関係で、日本では妹として浸透していますが、英語表記では“sister”のため、姉か妹かははっきりしていないのが現状です。

彼女は元々名前のみの存在で、ヒューイ・デューイ・ルーイの三人を預けたまま登場することがありませんでした。「息子達をよろしく」と書いた一通の手紙だけで子供を預け、失踪状態となったため、巷では育児放棄だと言われていましたが・・・

2014年、デラが何故登場しないのかが明らかになる話が公開されました。

80周年を記念して発刊されたコミックス「Donald duck 80 is prachtig!」によると・・・

デラは息子たちが赤ん坊の時に宇宙へと飛び立ったのですが、そのときの発射ミサイルが強力すぎたことによりトラブルが発生し、地球へと帰れなくなってしまったというのです。

つまり、三つ子が成長した今なお、デラは宇宙で過ごしていることになります。

とんでもない設定です。

漫画のラストではジャイロ博士の作った通信機で親子がビデオ通話しており、親子同士での会話も行えている模様。

この新設定により、デラが育児放棄したというレッテルは剥がれたわけですが・・・、ヒューイ達が母親のぬくもりを知らないままなのは事実。

早く地球に戻ってきてほしいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る