【tdr0660】ディズニーランドやシーで自撮り棒(セルカ棒)使用禁止の理由とは・・・

最近、沢山の方が利用している自撮り棒(セルカ棒)ですが、夢の国ディズニーリゾートでは使用できないのはご存知でしょうか?

せっかく、ディズニーランドへ行ってるんだし、記念に写真でもと思っている方も多いと思いますが、ディズニーリゾートの規約により使用禁止になっているのです。

しかし、どうしてこの夢の島ディズニーランドやシーでは、自撮り棒は使用不可なのでしょうか?ただの写真撮影に使う棒なのに何故?と疑問に思っていらっっしる方も多いと思い、調べてみました。

どうやら、この棒は「他のお客様など人に危害を与える可能性のあるもの」になるようです。

どこでも先端に重たいカメラを取り付け、『棒を上の方に上げて撮影』なんてシーンは良く見る光景です。先端に重たいカメラをつけているため、確かにバランスも悪いようにも感じます。

バランスを崩し、他のお客様に当たって怪我なんてこともあり得ない話でもないように思います。実際にネットの書き込みを見てみると怪我をしたという方もいるようで、このような理由で使用不可になってしまったのでしょう。

インターネットの情報ですので、全ては真実であるとはもちろん限らないのですが、ディズニーランドやシーは小さなお子さんも来場し、みんなが楽しめる場所だけに、怪我などをすれば楽しい思い出が台無し。

出来るだけ沢山の方が、出来るだけ安全に楽しんでいただけるようにするための配慮なのかもしれません。折角の記念なのに、記念撮影くらい、という気持ちもわからないでもないのですが、そこは他の方法で解決するべきなのかもしれませんね。

自撮り棒を使用してはいけないことは、ホームページにもしっかり書かれています。

他の皆様にご迷惑になるものとして・・・

①お酒
②お弁当(ピクニックエリアは可)
③ビン、カンなどの飲み物
④カート類
⑤三脚などの撮影補助機材

は持ち込まないようにと書かれています。

いま話題の自撮り棒は⑤の三脚などの撮影補助機材にあたるようです。

でも、実際に園内を歩いていると、禁止されているのを知らないのか持っている方がいらっしゃいます。

園内で実際に自撮り棒を使用しているところを見られてしまうと、「使用禁止アイテムなので、かばんの中にしまうなど見えないところにしまって、出さないようにしてください」と注意されるようです。

それでも全て把握できないようで、園内で使っている人を見かけたよと書き込みされているのを見かけます。

お客さん全員に周知されきれていない点は、園側のミスでもあるかもしれませんが・・・。

でも、園内で写真をとりたいと思っている方がほとんどではないでしょうか。このような場合、他にお客さんが沢山おられますし、その方にお願いするのもよし、園内で働くスタッフに声かけていただくのもよいかと思います。

知らない方にお願いするのも「断られたら」とか「怖い人だったらどうしよう」と思ってしまったりで、勇気のいること。

そんな場合は、やはり園内スタッフにお声をかけていただければよいかと思います。

ディズニーランド、ディズニーシーは夢の国。怪我やトラブルを無くし、楽しく笑顔で過ごせるようにしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る