【tdr1688】カフェ・ポルトフィーノ前にある貯水槽から解る設定とは

東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーにある「カフェ・ポルトフィーノ」

この前に背面がベンチになっている小さな水槽があります。

オブジェとして当たり前のように馴染んでいる、この小さな貯水槽ですが、実はきちんと舞台背景に沿った設定が用意されているってご存知でしょうか?

泉の裏側、ベンチ部分になっているところにイタリア語で刻まれたメッセージプレートが掲げられています。

そのメッセージは以下の通り。

「questa cisterna e dedicata ai coraggiosi pescatori del porta paradiso 1823」
(ポルト・パラディーゾの勇敢な漁師達にこの貯水槽を捧げる 1823年)と書かれています。

和訳すると「パラダイス港」となる「porta paradiso(ポルト・パラディーゾ)」の漁師たちに向けた貯水槽で、察するに1823年に何かが起こり、勇敢な漁師たちが解決のために尽力、その功績を表彰するために設置された物のようです。

一体何が起きたのかは定かではありませんが、こうした演出の一つ一つが世界観を創り上げていることは確か。

夢の国でありながらリアルな演出をすることで、異国情緒を出す・・・まさにこだわりの演出ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る