【tdr0759】シンデレラ城前にある未確認生物のトピアリー

東京ディズニーリゾート内で楽しむことが出来る緑の芸術「トピアリー」

整えられた芝生と綺麗に刈り込まれたトピアリーは、いつ見ても美しいですよね。

さて、東京ディズニーリゾート内につくられるトピアリーの多くは、ディズニーに関係するキャラクターなのですが、中にはディズニーキャラクターではない、未確認生物のトピアリーも存在しています。

そのトピアリーとは「シーサーペント」

中世以降に目撃の多く出た、海に棲む細長い竜です。

シーサーペントのトピアリーがあるのは東京ディズニーランドのシンボルである「シンデレラ城」前の広場。

ここで芝生を泳いでいるかのようなシーサーペントの姿を見ることが出来ます。

使われているのはイヌマキという針葉樹で、元々はファンタジーランドのイッツ・ア・スモールワールドの前にありました。しかし、元の場所には水がなかったため、シンデレラ城の周りにある池の前に移すことになったそうです。

そして芝生を水面に見立てて、水を切った波を花壇で表現した現在のトピアリーが完成しました。

イヌマキの見ごろは通年。

まだ見たことのない方は一度見に行ってはいかがですか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る