【tdr0430】ディズニーランドデートをめいっぱい楽しむために準備しておくこと8つ

「ディズニーランドでデートしたカップルには別れが待っている」そんな都市伝説を聞いたことはありませんか?でも都市伝説は都市伝説、どこかの芸人のセリフではありませんが「信じるも信じないもあなた次第」です。そんな都市伝説を信じることなく、精一杯楽しむ準備をしていけば、別れの原因になるようなことは起こりません。

そこで、ディズニーランドに行く前の準備や、心構えなどをいくつかご紹介しましょう。

○事前調査は大切

いざディズニーランドに行ったはいいもののまだ開いていなかった!なんてことになったら最悪ですね、そこからケンカになって別れてしまうなんていうことになるかも!?でもこれは都市伝説は関係なく事前の調査不足が原因。東京ディズニーランドは日によって開園時間と閉園時間が違うことがあります。

東京ディズニーリゾートのwebサイトには「カレンダー/スケジュール」という項目があり、そこに「運営カレンダー」というものがあって、数カ月先まで毎日の開園時間、閉園時間が記載されています。まずはここをきちんとチェックしておきましょう。

Yahoo!天気や気象庁のwebサイトなどで行く予定の日の天候を調べておくのも大切なことです。晴れか雨か、寒いか暑いか、そういうことを調べてそれに対応する準備をしておけば、急な天気の変化にも慌てることがありません。

例えば日中は気温が高いけれど、夕方から冷えるなんていう時に、ちょっと羽織るものでも用意しておけばその心遣いに一目置かれることでしょう。

○休日よりも平日がお勧め

東京ディズニーランドにとって土日・祝祭日・夏休みや春休み等の長期休暇の時期はかきいれどき、入場前から混雑して、中に入ってからもアトラクションで楽しむより並ぶ時間のほうが長くなります。最悪の場合入場制限になることも。

これを避けるには平日に行くことです。もちろん、平日に時間を取るというのはなかなか難しいことで、だからこそ混雑する日があるわけですが、もし2人の条件が合って平日に行けるようであれば、土日を避けるのが無難であると言えます。

○チケットはあらかじめ準備

ディズニーランドのパークチケットは事前に買っておくのが絶対お勧めです。事前に買えるパークチケットには、行く日にちが決まっていないけれど、とりあえずチケットを確保しておこうおという人のための日付指定のないものと、すでに行く日が決まっている人のための日付指定チケットがあります。

日付指定がないパークチケットは、行った当日入場制限があった場合、入場する時間が遅くなってしまうことがあるので、入場制限があっても確実に入園できる日付指定チケットを買ったほうがいいでしょう。日付指定チケットは指定日の2か月前から購入できます。

また、パークチケットは全国各地のディズニーストアの中で、チケットカウンターがある店舗で購入できます。チケットカウンターはアウトレット店と、九州の店舗、関西の一部の店舗を除いた店舗にあります。その店舗にチケットカウンターがあるかないかはディズニーストアの公式サイトで確認できます。

東京ディズニーリゾートのwebサイトでは、チケットのオンライン購入からホテルの予約、レストランの事前受付までしておくことができます。

○おしゃれをするのも気をつけて

せっかくのデート、しかも場所がディズニーランドともなれば張り切っておしゃれして行きたいという気持ちになるのも当然です。でも、ちょっと待ってください。

広大な園内を歩きまわったり、アトラクションの前で長時間並んだりということを考えると歩きにくい靴はNG。ハイヒールなんてもってのほか。動きまわることを前提にした靴にしないと、足が痛くなったりすぐ疲れたりで楽しい気分も台無しです。

同じ理由で服装も見た目よりは動きやすさ重視にしたほうがいいでしょう。荷物も、手提げのバッグではなく背負えるもののほうが断然動きやすいもの。見た目を気にするよりも、1日楽しく過ごせるように考えたほうがいいのではないでしょうか?

○混雑するのは覚悟の上で

ディズニーランドというのは、舞浜駅に着いた時点から混んでいるものだと覚悟しておきましょう。そして、まず入園する時点、入園してからもアトラクションはもちろんのこと、時間によってはレストランやトイレまで混雑しています。でも、そんな状況にいちいちイライラしてしまったら、それこそ別れの元をつくることになります。

「ディズニーランドは混んでてあたりまえ」そう覚悟しておけば、無駄にイライラすることもなくなるはず。そして、食事やショーの場所とりは早め早めに行動して混雑を避けるようにしましょう。

○待っている間のことも考えよう

ディズニーランドではいろいろなことで並びます。長く並んでいるときに会話が続かなくてなんとなく気まずい雰囲気になんていうのも、別れの元になる可能性を含んでいます。そのために、並んでいるときにできる暇つぶし法を用意しておいたほうがいいかもしれません。

たとえば、知恵の輪とかあやとりとか、周りの人に迷惑をかけないでできるちょっとした遊び道具を持っていったり、なぞなぞの本を持っていくなんていうのもいいかもしれません。

ディズニーランドですからディズニーランドならではの暇つぶしをするというのもよい方法。定番中の定番ですが、「隠れミッキー」探しなど・・・。ディズニーランドには、地面や壁などに3つの丸で作られたミッキーマウスのシルエットをした「隠れミッキー」が至る所にちりばめられています。

それに、丸3つのミッキー以外にもミッキーマウスの全身シルエットや、ミッキー以外のキャラクターが隠されていることも。そういうのを探しながら過ごせば、楽しいままに時間が経っていくはず。

○計画は立ててから

ディズニーランドに行ってから行動を決めるなんてことをしていたら、そこで揉めたり、時間が過ぎてしまったりしてこれもまた別れの要因になることも。

まず、何に乗りたいか、何を見たいか、どういう順番でまわるかを決めておいたほうがいいでしょう。

アトラクションによっては、優先入場案内システム「ファストパス」があります。ファストパス発券所に行って「ファストパス・チケット」をゲットしておけば、待ち時間を短くすることができます。どのアトラクションでファストパスを利用できるか調べておきましょう。

レストランにも、事前予約で優先的に座れるプライオリティ・シーティングというシステムがあります。これは東京ディズニーリゾートの公式サイトで予約ができます。レストランにはショーを見ながら食事ができるところもあるのですが、こちらは完全予約制なので、早目に申し込んでおくのがいいと思います。

○いつものデートと同じ気持ちで

ディズニーランドだからって気負っていく必要はありません。いつものデートと同じような気持ちで、楽しく2人で過ごすことを大切にすれば、別れ話など出るはずがありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る