【tdr1377】デマ拡散!スティッチのモデルはゴ○ブリ

映画「リロ&スティッチ」に登場する青い体のエイリアン「スティッチ」

悪の天才科学者ジャンバ博士によって造られた試作品626号で、自身の体重の3,000倍もの重さを持ち上げる怪力と銃弾と炎を防ぐ防御力、あらゆる武術に長けた戦闘力にスーパーコンピュータレベルの知能を持ち合わせた異次元レベルのエイリアンです。

さて、見た目の可愛らしさに反して凶悪な力を持つスティッチですが、そのモデルについて巷では酷い“デマ”が拡散されています。

そのデマモデルというのが・・・「ゴキブリ」

4本以上の足(スティッチは6本足)に触角、動きが速く雑食である・・・という点からゴキブリがモデルという噂が広がってしまったのでしょう。

実際、共通点の多さからゴキブリだと信じている人もいますが、ディズニー公式番組での情報によれば、本当のモデルは「コウモリ」とのこと。

ゴキブリではない、それだけでホッとしますが、コウモリがモデルと言うのはいまいちピンと来ませんよね?

実はスティッチがコウモリっぽかったのは試作デザインまでの話。

試作デザインの時点ではコウモリらしい鼻、コウモリらしい羽を持ち、誰が見ても解るほどにかなりコウモリっぽい姿をしているのです。

もし、皆さんの周りに「スティッチのモデルはゴキブリ」だと信じている方がいたら、そっと訂正してあげてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る