【tdr1576】香港ディズニーランドで爆発物騒ぎ!真相は・・・

2017年2月13日、香港ディズニーランド内のオフィスビルにある郵便室に“不審な包装物”が届き、一時職員ら数百人が避難する騒ぎが起こりました。

包装物を不審に思った職員がX線検査したところ、電池と電線が発見され、警察に通報。職員らが避難する騒ぎとなりましたが、駆け付けた警察が検査した結果、中身はなんと“ディズニーの玩具”。

宛名にはディズニーランドの執行役の名前が書かれており、恐らく「玩具に不満を持ったゲストが返送したもの」とみられています。

今回の騒動、実際は爆発物ではなく、けが人も出ていませんが、この騒動に職員の一人がショックを受け病院に運ばれています。

玩具に不満があったからといって、“不審物”と間違われるような包装はせず、対応部署に問い合わせしてほしいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る