【tdr1169】「アナと雪の女王」に登場した召使の名前が実は・・・

2013年11月27日(日本では2014年3月14日)に公開され、一躍話題を集めた「アナと雪の女王」

物語はヒロインの「アナ」と「エルサ」が住むアレンデール王国から始まります。

王国の王女として暮らすアナとエルサには、彼女たちが幼少のころから仕える二人の召使がいます。

召使の名は「カイ」と「ゲルダ」

赤い鼻に大柄な体をした男性のカイと、面長な顔をした女性のゲルダ・・・この二人の名前にピンと来る方もいるのではないでしょうか?

実は、この二人の名は「雪の女王」の主人公・ヒロインの名前なのです。

「雪の女王」といえば1845年に出版されたデンマークの童話で、「アナと雪の女王」がインスピレーションを受けた作品。

その作品の主人公・ヒロインの名前を召使に当てはめ、こっそり出演させていたのです。

「雪の女王」を知っている人が見れば、思わず「あっ」と言ってしまいそうな演出ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る