【tdr0632】デビュー当初の「ダッフィー」は人気がなかった?

東京ディズニーシーの大人気キャラクター「ダッフィー」

愛らしい表情とモコモコとした外見に魅了されたゲストは多く、東京ディズニーシーを代表するキャラクターですが、デビュー当初は今ほどの人気はありませんでした。

「ダッフィー」が初めて登場したのは、カリフォルニア州アナハイム市にあるディズニーランド。

このとき「ディズニーベア」という名前で登場し、東京ディズニーシーには2004年11月のキャラクターグリーティングで初登場を果たしました。

アメリカンウォーターフロントに、白いボンボン付きの赤い帽子と赤いマフラーを身につけて登場したのですが、知名度の無さもあってか、行列もできず・・・。

しばらくの間、人気が出ることはありませんでした。

人気が出始めたのは、その翌年のこと。「ディズニーベア」から「ダッフィー」という名前に変更され、徐々に知名度を上げ、人気が集まり始めたのです。

そして今では、キャラクターグリーティングで大行列をつくる人気者になった「ダッフィー」

はじめからトントン拍子というわけではなかったのですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る