【tdr1183】「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のサリーの声優は同作で別のキャラも声を吹き込んでいる?

1993年10月29日(日本では1994年10月15日)に公開された「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」

クリスマスに憧れる丸顔の骸骨「ジャック・スケリントン」を主人公に描かれた、ストップモーション・アニメーション作品です。

さて、この作品に登場するジャックの恋人といえば、つぎはぎだらけの体が少し痛々しい人形の「サリー」ですが、実は彼女の同じ声を持つキャラクターが同作に登場しているのをご存知でしょうか?

サリーと同じ声を持つキャラクターとは、悪ガキ3人組の紅一点「ショック」

気が強く悪知恵の働く魔女の格好をしたショックとサリーは、同一声優が声を吹き込んでおり、英語版の声はキャサリン・オハラが、日本語版の声は土居裕子が担当しています。

“一作品につき複数の役を担当する”ということはあまり珍しいことではありませんが、英語・日本語版どちらも同じ複数のキャラを担当するというのは珍しいこと。

本作品を視聴する際は、二人の声を聴き比べてみてはいかがですか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る