【tdr1657】ランドで唯一掲げられている日本人の名前

東京ディズニーランド・シーには建物の至る所に“人物名”を確認することが出来ます。

例えば、ワールドバザール入口には「WALTER E DISNEY & ASSOCIATES(ウォルター・イライアス・ディズニーと仲間たち)」と、ウォルトの名前を見ることが出来ますし、実在はしないものの人物名を冠した著作権代理会社や法律事務所など、“人物名”がデザインのように使われています。

さて、デザインとして多用されている人物名の中にはウォルトのように実在した人物の名前が記載されていることもあるのですが、実は東京ディズニーランド内で一人だけ日本人の名前が記載されている場所があります。

その場所はワールドバザールの「タウンセンターファッション」

この建物の2階部分の窓に「Office OF LEGENDARY CREATIONS(伝説的な創造者たちの事務所」と記された窓があるのですが、その下のシンデレラ城が描かれた窓にご注目ください。

ここに「MASATOMO TAKAHASHI(高橋政知)」という日本人の名前が記されているのです。

故・高橋政知氏は、東京ディズニーランド開園に向けて交渉事を担当し、強い決断力とリーダーシップにより成功を収めた人物。

この方がいなければ、日本にディズニーランドが完成することはなかったでしょう。

ちなみに、東京ディズニーランド開園後はオリエンタルランド2代目会長に就任。

第二パーク構想を発表し、東京ディズニーシーを含めた東京ディズニーリゾートへの実現へと尽力しました。

今は当たり前のようにあるディズニーリゾートですが、その実現のために尽くした日本人がいて、その名前がランドの玄関口に掲げられている・・・何とも粋な演出ですよね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る