【tdr1479】「タワー・オブ・テラー」の絵画に描かれたハイタワー三世の武勇伝とは

東京ディズニーシーの人気アトラクション「タワー・オブ・テラー」

皆さんご存知の通り、元々は「ホテルハイタワー」という名のホテルで、ロビーには美術品や絵画などが並べられています。

これらは美術品・骨とう品コレクターだったオーナー「ハリソン・ハイタワー三世」によって集められたもので、壊れたエレベーター上にある大きな絵にはハイタワー三世が美術品を船で持ち帰った様子が描かれています。

この大きな絵に描かれた美術品は全部で9個。

その一つ一つに、まるで武勇伝のように“手に入れたときの様子を描いた絵画”が飾られています。

1:インド
建物に入って右側手前の絵画。象に乗ったハイタワー三世が遺跡のようなところから「タマス像」(エレベーターに乗る手前の部屋の天井から吊らされている像)を盗み出している絵。

2:日本
インドの対面にある絵画。人力車に乗ったハイタワー三世が、どこかのお城から鎧・刀を盗み出している絵。酔いつぶれたかのようにぐったりした門番と、それを叩き起こしている城主の怒り顔がよく描かれています。

3:エジプト?
壁沿いに進んだところにある絵画。砂漠と見られる場所でラクダに乗ったハイタワー三世が、ピラミッドの中から(古代ギリシア、メソポタミアなどで見られる女性の顔に翼を持つ)スフィンクスのような像を盗み出している絵。

4:中央アメリカ
カヌーに乗ったハイタワー三世がロストリバーデルタのレイジングスピリッツの遺跡から竜の頭あるいは獅子の頭のような石像を盗み出している絵。背後には原住民たちが槍を投げて攻撃しており、まさにインディ・ジョーンズのようなシーン。

5:ギリシア
ボートに乗ったハイタワー三世が神殿らしき場所からポセイドン像を盗み出している絵。荒波の中を進む姿は勇ましい限りですが、嵐の中ボートに石像を乗せるとは・・・命知らずですね。

6:ローマ
遺跡から騎士の像を盗み出している絵。荷台の上でハイタワー三世が像と同じポーズをとっている一方、付き人のスメルディングは見張りに賄賂を渡しています。

7:ルーマニア
ソリにのったハイタワー三世が古城からガーゴイル像を盗み出している絵。6匹ほどのオオカミに追われており、やはり命からがら盗んだ様子。

8:アフリカ
どこかの原住民から、彼らの仮面を盗み出している絵。槍を持って追いかけてきている原住民から逃れるため、スメルディングが大きなナイフで吊り橋の縄を切り落とそうとしています。

9:イースター島 ※壊れたエレベーター上の絵には描かれていません。
カヌーに乗ったハイタワー三世がモアイ像を持ち帰る絵。現地民から手を振られ、見送られている様子から盗み出したわけではなさそうですが、カヌーでモアイ像を持ち帰ることが出来るのか疑問ですし、そもそもエレベーター上の絵に含まれていないため、真偽は謎です。

ハイタワー三世はこれらの美術品をエレベーター上の絵のように“一度に持ち帰ったのではなく、1975年から13年間かけて集めました。

こんなところにまで忌み数の“13”を取り入れるとは流石ディズニーですよね。

因みに、これらの絵には全て“隠れミッキー”が潜んでいると言われています。

有名なものから、あまり知られていないものまであるので、待ち時間の暇つぶしに探してみてはいかがでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る