【tdr0523】ミッキーマウスの姿がコロコロ変わった?衝撃の○頭身時代

今や世界的人気を誇るミッキーマウスですが、アニメではなく現実世界での容姿はコロコロと変わりました。

1930年代は黒い服を着て、黒タイツと赤いパンツを穿き、お面をかぶっただけの姿。

アナハイムにディズニーランドが出来た1950年代には、黒い全身タイツに赤いパンツを穿き、なんだか間抜け面した着ぐるみの頭だけをかぶったスタイルに変化。

どちらも「中に人間がいる感」が否めませんでした。

そして1960年代になって、ミッキーマウスの姿が劇的に変化します。

なんと2頭身になるのです。

大きな頭に、ずんぐりむっくりとした体。

以前に比べると、丸みを帯びたために随分と可愛らしく感じますが、顔の素材が柔らかいのでしょうか、割と凹んでいることが多く、「着ぐるみ感」が出てしまうのがマイナス点でした。

その後また人間の体格にかぶり物をしたようなスタイルに変貌。現在のような可愛らしく、完璧な姿になったのは随分と後だったのです。

今のミッキーマウスしか知らずに、過去の姿を見ると衝撃的ですよね。

いわゆる黒歴史として、見なかったことにするのが妥当かもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る