【tdr0636】超意外!ティガーは○○恐怖症だった!?

「くまのプーさん」に登場する、ジャンプの得意なキャラクターといえば・・・しっぽにバネの入った虎のぬいぐるみ「ティガー」ですよね。

100エーカーの森の中を元気に飛び回るお調子者で、トラブルメーカーな一面があるも、情に厚く憎めないキャラクターです。

さて、すっかりジャンプのイメージが定着したティガーですが、その得意技に似つかわしくない弱点があるのをご存知ですか?

彼の弱点は、なんと「高所」

ジャンプが得意なのにも関わらず、「高所恐怖症」なのです。

その事実が露呈したのは1974年に公開された「プーさんとティガー」という作品。

毎度のようにジャンプで移動していたティガーは、弾みすぎて、高い木の上に登ってしまいました。

勢いで登ってしまい、気づいた時には苦手な高所。

あまりの恐ろしさに、木の枝にしがみついて動けなくなってしまうのでした。

ジャンプが得意でも高い場所が苦手とは・・・高さを制限して飛んでいるのでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る