【tdr0666】ジャングルクルーズに潜んでいた隠れミッキーはアナコンダに食べられた!?

1983年4月15日、東京ディズニーランドと同時にオープン以降、30年以上もの間、ゲストから愛され続けているアトラクション「ジャングルクルーズ」

度重なる改装を行いながらも、2014年9月8日に「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」リニューアルオープンしたのは記憶に新しいですね。

さて、そんな定番アトラクション「ジャングルクルーズ」には有名な「隠れミッキー」が存在していました。ディズニー通なら知っている方もいらっしゃるかと思いますが、その「隠れミッキー」は「ニシキヘビ」の柄に紛れていたのです。

「ニシキヘビ」が登場したのは旧ジャングルクルーズの後半、進行方向左側。水牛の子供を狙う大蛇として登場していたのですが、その柄の中に横顔の「隠れミッキー」が描かれていました。

しかし、この「ニシキヘビ」はリニューアルとともに撤去され、「アナコンダ」に変更となりました。

ちなみに、アナコンダが登場するのは進行方向右側、シュバイツアーの滝手前。カラーリングが「ニシキヘビ(茶色)」から「アナコンダ(緑色)」となり、より不気味さがアップしました。

「隠れミッキー」はいないものの、迫力あふれる大蛇の姿は見ごたえ抜群。リニューアル以降、まだ乗っていない方は是非注目してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る