【tdr0307】ユニクロで開催されたミッキーマウスのデザインTシャツコンテスト

0307

カジュアル衣料品の生産販売の大手会社「ユニクロ」

シンプルで質のいい衣服を安価で購入することができる人気の洋服店です。

アニメや漫画とコラボしたり、独自の機能性のあるウェアを開発したり、様々な企画や戦略を展開していますが、その中の一つに「UT GRAND PRIX」というものがあります。

これは毎年違うテーマを設定して一般からデザインを募集するコンテストのことで、2005年から毎年開催される恒例のイベントになっています。

今までにテーマとされたものには、ロックバンドの「KISS」や「Sex Pistols」などのアーティストの他、世界的に愛飲されている「コカ・コーラ」など多岐にわたり、多くの応募を集めました。

そんな人気のコンテストですが、なんと「ミッキーマウス・ミニーマウス」がテーマとして選ばれたことがありました。

そのコンテストが開催されたのは2011年。

60カ国5875点もの応募が寄せられた中、香港のフリーランスデザイナーでした。

グランプリ作品名は「It’s a canvas」

直訳すると「それはキャンバスだ」となりますが、一体どんなデザインだったのでしょうか?

作品名そのものを語っているように、Tシャツに絵の具を叩きつけたかのようなデザイン。その叩きつけられて飛び散った黒、赤、黄色の絵の具が、上手いことミッキーマウスを表現しています。Tシャツというキャンバスに飛び散った3色の絵の具でミッキーマウスと認識できる、見事な作品です。

グランプリを含む優秀賞全20作品は2011年4月28日より一着1500円で販売されました。今はもう販売されていませんが、復刻、あるいは新たなコンテストによる応募をしてほしいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る