【tdr0421】とっても面倒!ミッキーシェイプのゆで卵

ディズニーパークのありとあらゆる場所にある、○を三つ合わせたかのような「ミッキーシェイプ」

あるときはディズニーグッズとして、またあるときは隠れミッキーとして、更には食べ物にまで、到る所にミッキーシェイプが施されています。

特に食べ物のミッキーシェイプは食べるのが惜しくなるほどキュートで、まずは一枚写真を撮りたくなりますよね。

さて、そんな食べ物ミッキーシェイプの中でもひと際不思議で、食べるのが惜しくなるのがゆで卵。

白身は通常のゆで卵そのものなのに、黄身がミッキーシェイプになっており、とっても可愛らしいのですが・・・どうやって作ったのか気になってしまいますよね?

実は作り方自体は簡単なのですが、非常に手間がかかっています。

まず、白身と黄身を分けます。

そして白身を「ミッキーシェイプのくぼみがある型」に流し込み、先に茹でてしまいます。

茹で上がると、「ミッキーシェイプの凹みが出来た白身」が出来上がるので、その凹みに黄身を流しこんで、また茹でると完成です。

普通にゆで卵を作るより、何倍も手間な調理方法ですよね。

自宅で真似するにも型を用意しなければいけませんし、正直いって面倒です。

ゆで卵一つ提供するのにこれだけの手間をかけているとなると、かかる経費も膨れてしまうものですが、これもサービスの一環ということなのでしょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る