【tdr0686】ウエスタンリバー鉄道の消費水量はハンパじゃないっ!

東京ディズニーランドが開園した1983年4月15日に同時オープンした蒸気機関車のアトラクション「ウエスタンリバー鉄道」

オープン当時は重油を、今は灯油を燃料にしている本物の蒸気機関車で、アドベンチャーランドからクリッターカントリー、ウエスタンランドを経由して一周するアトラクションになっています。

さて、上記したように「ウエスタンリバー鉄道」は本物の蒸気機関車ですから、当然「水」が必要になります。アトラクションとはいえ仕組みはそのまま蒸気機関車ですから、必要となる水の量も本物なみ。

では、一周するのにどれだけの水を必要とするのでしょうか?

「ウエスタンリバー鉄道」の路線距離1.61キロメートル。

これを1周するのに必要な水は・・・なんと2,000リットルにも及ぶのです。2,000リットルといえば、一般的な風呂湯量(200リットル)の10倍に相当します。

たった一周で10日分のお風呂分が使われている・・・と考えると、見方が少し変わりますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る