【tdr1415】コストカットがクオリティーを下げている夢の国のダンサー事情

度重なる値上げと、コストカットによるサービスの低下で遂には顧客満足度トップ3内から10へと陥落した東京ディズニーリゾート。ショー・パレードのクオリティー、キャストのサービスが低下し、多くのゲストは不満の声を漏らしています。

一体何故、このようなことになってしまったのでしょうか。

一番の原因は大幅なコストカット。

2008年にはエンターテイメント・ショーの制作費に154億円かけられていましたが、翌年から一気に下降し、2014年には54億円にまで下げられてしまいました。

この100億円カットの裏では人件費カットのため、ダンサーが大勢解雇され、2003年時には120人いたダンサーが2013年には72人にまで減少。

雇われダンサーの多くは中間会社を経由しており、個人事業主扱いのため、健康保険・国民年金・労災保険も全部自己負担と待遇が悪い上、解雇しやすい契約状態。

長年支えてきたダンサーですら簡単に解雇されてしまっています。

更に、“残業させない”ためにショーのリハーサル時間を短縮。残業させないということ自体は良いように聞こえますが、実際は練習する時間がなくなってしまい、ショーのクオリティーを下げる結果となりました。

こうしたコストカットという名のクオリティーカットが続けられているうちは、以前のような夢の国に戻ることはなさそうです。

値上げをするのであれば、まずはクオリティー維持に力を注いでほしいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る