【tdr0494】蒸気船マークトウェイン号の下にある秘密

東京ディズニーランドの「水上の宮殿」と名高い、「蒸気船マークトウェイン号」

1850年代のミシシッピ川を航行した外輪船を再現し、「トム・ソーヤの冒険」の執筆者の名がつけられた4層構造の船は、定員数475人も乗れるほどの大きさを誇ります。

造り物でない船であるため、船舶法に則って旅客船として登録されており、実際に「アメリカ河」をクルージングする臨場感あふれるアトラクションです。

「蒸気船マークトウェイン号」は、横転の恐れがある強風さえ吹かなければ運行します。

運行時はどんなときでも、全く同じ航路。

同じ場所で、同じ角度で曲がり、「アメリカ河」を一周するのですが、何故、そのような運航が可能なのでしょうか?

その理由は「アメリカ河」の中に隠されています。

実は「アメリカ河」の中にはレールが敷かれており、「蒸気船マークトウェイン号」はそのレールの上を運行しているのです。

レールがあるからこそ、はみ出すことなく、毎回同じ航路を進むことができるわけです。

これも全て「ゲストの安全」のため。

ちょっとした雨風が原因で航路が曲がる、あるいは曲がるべきところで曲がれなかったら、大きな事故に繋がってしまいます。

そのような事故を防ぐためにレールが敷かれているのです。

レールでコントロールされているとはいえ、旅客船として登録されている本物の船には変わりありません。

皆さんも優雅なクルージング楽しんでみてはいかがですか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る