【tdr1709】貨物ターミナルで発見!タラ以外にもあったケープコッドの名産

東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにあるレストラン「セイリングデイ・ブッフェ」

貨物ターミナルや機械作業所、オフィスをダイニングエリアに変えて「S.S.コロンビア号」処女航海のお祝いをしている設定に合わせ、沢山のプロップスが並んでいる賑やかなレストランです。

さて、今回はそんな貨物ターミナルにある荷物をご紹介します。

その荷物があるのは建物内に入って左側上部。「BOMBAY」のプレートが貼られている柱の左側。

ロープでまとめられている荷物の中に、4つほど縦に積まれた木箱があります。

肉眼では何の箱か良く解りませんが、中身は“クランベリー”。

箱には「MAYFLOWER BRAND CAPECOD CRANBERRIES」と書いてあり、メイフラワーというブランドによる、ケープコッド産のクランベリーであることが解ります。

ケープコッドというと漁村でタラが名産というイメージが強いですが、実はクランベリーも有名なようです。

ケープコッドエリアにある建物の中には「CRANBERRY BOG ROAD」という住所プレートが掲げられているほど。地名になるほど盛んであることが推察できるわけですが、タラに比べると知名度は低そうです。

因みに、この木箱と同じものが同じエリアの「アーント・ペグズ・ヴィレッジストア」のレジ後方にある棚上にも3つ置いてあります。

ペグおばさんもお菓子作りに愛用しているようですね。

知れば知るほど、細かな設定が出てくるディズニーの世界。皆さんも散策時にプロップスを見て回ってはいかが?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る