【tdr1708】貨物ターミナルにあるケープコッドの名産品

東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにあるレストラン「セイリングデイ・ブッフェ」では貨物ターミナルや機械作業所、オフィスをダイニングエリアに変えて祝賀会を開いていることから、その設定に合わせたプロップスが沢山並んでいます。

中でも貨物ターミナルの荷物は目を引きますよね。

今回はそんな貨物ターミナルの荷物の中にある、シーではお馴染みの荷物をご紹介します。

その荷物があるのは建物内に入って左側上部。
「CONSTANTINOPLE」と「SALERNO」のプレートが貼られている柱の右側。

ここに縦に3つ木箱が積んであり、1番下の木箱を除いた上2つには「GRAND BANKS CANNERY」の文字が書いてあります。

そう、これは同じアメリカンウォーターフロントにあるケープコッドの「タラ缶詰工場」から運び込まれた木箱なのです。

木箱の側面には「CODFISH(タラ)」という文字も見られます。ケープコッド名産のタラの缶詰はこうして世界中に運ばれているんですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る