【tdr0101】「トイストーリーマニア!」を「見て」帰宅するために・・・

昨夜は、よく眠れましたか?

「トイストーリーマニア!」のファストパスは、まさに体力勝負。初心者だけでなく、リピーターにとっても難易度の高いものなのです。

前日は充分に睡眠をとり、明日に備えましょう。

「トイストーリーマニア!」はディズニーリゾート最大の激戦区ですから、それくらいは必要です。危ないですから、走ってはいけません。でも、のんびりしてもいられません。対処をあやまると「何も見ないで帰宅」もありうるのが、「トイストーリーマニア!」なのです。

携帯電話とスマホの充電は充分でしょうか?

これも前日に確認しておきましょう。

「この際、自分一人、単独で突入して、なんとしてでもファストパスを取る!!」とか、いうならともかく・・・、ディズニーリゾートに行くなら、ほぼ例外なく、カップルや家族連れのはずです。しかし、複数の人がいっせいにファストパスを取りに行った場合、途中でお互いにはぐれてしまい、離ればなれになってしまうことが多いのです。それくらいファストパスを目指す現場は、混乱するものです。もしはぐれても大丈夫なように、スマホと携帯は必須。

そこで、間違っても「結局、何も見ないで帰宅」にならないよう、4つの作戦をご提案。

作戦その1:「誰よりも早く」早寝早起きをする

基本です。

開園前に園内に並ぶためです。開園してからでは遅すぎます。

ファストパスの発券は開園30分以内。「いかに早く園内に入り、一番乗りするか」が、テーマなのです。そのためには「誰よりも早く」起床しなければなりません。目安として、ホテルを朝4~5時に出発するのが無難とされています。それでしたら、最前列から数列の範囲で並ぶことができるかもしれません。

開園3時間前なら最前線、2時間半前なら上位グループという説もあります。並ぶ位置は左側(サウスゲート)がベスト。

作戦その2:ディズニーホテルに宿泊する

頑張って早く起きたけど、ホテルから「トイストーリーマニア!」までが遠かった。

それでは意味がなく、ここはなるべく移動距離が短いホテルに泊まらなければなりません。そう言う意味では、ディズニーホテルは必須。さらに、ディズニーホテルに泊まるとさまざまな特典があり、開演前に入場できる「裏技」も使えることに・・・。

2014年4月14日から、ディズニーホテル宿泊者限定特典「ハッピー15エントリー」がスタートしています。これは、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーランドホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの宿泊者であれば、開園15分前に入場ができるというもの、これを活用しない手はありません。

開園前の15分は、一般の入場者と比べればその差は歴然。これで「トイストーリーマニア!」のファストパスが『グッ』と近づくことは間違いありません。

作戦その3:「ファストパスつき・バケーションパッケージ」を利用する

「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」をご存じでしょうか。公式サイトの「トイストーリーマニア!」画面の下方にあり、すぐ確認できます。14の選べるホテル、マルチデーパスポート・スペシャルがパッケージ、他にも多くの特典つきのオフィシャルパッケージプランです。

ここで見逃せないのは「時間指定のないファストパス」がつくこと。

ただし、プランによっては「トイストーリーマニア!」が対象外のファストパスもあります。なにしろ「トイストーリーマニア!」の人気は尋常ではなく、ここは平常心を保たなければりません。「バケーションパッケージでファストパス取ったあ!」でコーフンしすぎて、肝心の注意書きを見落したりしないように・・・。

いざ当日、ウッディの前で対象外のパスだと知ってしまったら・・・こんな衝撃的なことはありません・・・。

「バケーションパッケージ」を予約するときは、落ち着いて「トイストーリーマニア!」が対象かどうか、確認してください。

作戦その4:朝から行くのは、やめる。

人気アトラクションのファストパス『奪取』はエキサイティングで、何度でもチャレンジしたくなります。こういうのを古い言葉で「血湧き肉躍る」といいます。ですが、本来の目的は「躍る」ことではなく「見る!」ことです。

ファストパスを逃しても、「!」を見る方法は他にあります。まずは落ち着きましょう。もっともやりがちな間違いは、「ファストパスを取れなかったから、スタンバイに並ぼう」です。

ファストパスを取れなかったときは、いったん気持ちを切り替えてください。まずは他のアトラクションを楽しむのです。

ターゲットの「トイストーリーマニア!」は、早朝が混雑のピークです。待ち時間は、朝一番から午後にかけて減っていき、ただし、閉園間際でもそれほど短くはなりません。夕方には並んでおくようにしたいものです。

ただし、このやり方は、のんびりできるようで、落とし穴があります。

夕方になって「トイストーリーマニア!」に並ぶ頃には、他のエリアで遊び尽くした疲労感が出てきて、結局、あきらめて帰ってしまったというパターンが多いのです。

そうならないために、当日の体力配分はもちろん、前日から充分な睡眠をとり、できる限りの体力を蓄えておくことが最重要となるのです!

番外編:スマホを使って二人でチームを組む

これは、スマホで園内の混雑状況を確認しながら進むという方法です。一人は最短ルートや混み具合をスマホで調べ、ナビゲートします。もう一人はスマホでナビゲートの指示を聞きとり、それに従って走ります。(危なくないように注意)

これは比較的、成功例が多いようです。

あくまで『比較的』ですが・・・。

どうしてもファストパスを取りたければ、一人単独で突入するより(身軽という利点はありますが!?)、二人以上でチームを組んだほうが効率が良いかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る