【news0002】ディズニーリゾートのハロウィーンは、見る、食べる、泊まる

東京ディズニーリゾートのハロウィーンが、2014年も開催されます。

ハロウィーンに先行して、2014年9月1日よりハロウィーン用のスペシャルグッズを発売。ハロウィーンカラーのアイテム、仮装グッズなど、約200種類が登場します。

今年初登場のアイテムは、ヴァンパイアやミイラ男に仮装したミッキーやドナルドたち。怖いのに可愛い「ファニー・モンスターズ」です。さらに今、東京ディズニーシーでは、ダッフィーの新しいお友達ジェラトーニが大人気。ダッフィーとシェリーメイ、ジェラトーニの新しいグッズも、2014年9月5日から登場です。

ハロウィーンのスペシャルメニューも、グッズ同様、9月1日より先行販売となります。

東京ディズニーランドのスペシャルメニューは、ハロウィーンのムードたっぷりのメニューによるスペシャルブッフェ。スイーツもハロウィーンバージョンです。

東京ディズニーシーのスペシャルメニューは、スケルトンデザインの料理やスイーツが並ぶスペシャルセット。見かけは怖いですが、美味しさは格別です。

スペシャル・メニューは、3つのディズニーホテルでも登場します。

秋ならではの食材を取り入れたメニューに、ディズニーの仲間たちをデザインしたオリジナルグッズ付きです。

ディズニーアンバサダーホテルでは、「ディズニー・ハロウィーン」でデコレーションした客室も用意されます。思いきりハロウィーン気分を味わえること、間違いありません。

先行販売期間を過ぎ、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーが本格的にハロウィーン・カラーとなるのは、2014年9月8日から。まず、東京ディズニーランドでは、今年も「ハッピーハロウィーンハーベスト」を開催。ハロウィーンならではの仮装をしたディズニーの仲間たちが、おばけやパンプキンたちと繰り広げる楽しいパレードです。

音楽は新曲となり、ゲストも掛け声や手遊びでパレードに参加できます。

プラザパビリオン・バンドスタンドの「スーパードゥ―パー・ジャンピンタイム」も、ハロウィーンバージョンになるそうですし、なによりハロウィーンで忘れてはならないアトラクションが、「ホーンテッドマンション」。

9月8日から、映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のスペシャルプログラムです。2015年の1月4日まで行われますので、すぐには行けないという人も、ぜひどうぞ。

また、「ディズニー・ハロウィーン」の期間中、東京ディズニーランドで、大人もディズニーキャラクターの全身仮装が楽しめる週が二回あります。2014年9月8日~14日と、10月25日~31日です。

期間中の全身仮装のルールについては、東京ディズニーリゾートの公式サイトをご覧ください。

一方、東京ディズニーシーのハロウィーンのプログラムは、次のとおりです。

アメリカンウォーターフロントで行われる「ニューヨーク・ハロウィーン・フォリーズ」。ディズニーの仲間とスケルトンたちが、1920年代のファッションで、音楽やダンスを楽しむハロウィーンパーティーを繰り広げます。

そして、メディテレーニアンハーバーのリドアイルでは、参加型のショー「ウェルカム・スケルトン・フレンズ」がスタート。「人間と仲良くなりたい」と考えた陽気なスケルトンたちが、ディズニーの仲間たちと、ハロウィーンならではのエンタティメントをやるそうです。

かつてはミュージシャンだったというスケルトンたち。なにをやるつもりなんでしょうか?

また、ロストリバーデルタでは、ストリートグリーティング「チップとデールのスケルトン・フィエスタ」が再演されます。ハロウィーンの衣装のチップとデールたちに、今年はスケルトンたちも加わり、明るいメキシコ音楽で練り歩きます。

恒例の「スケルトンのストリートパーティー」は、アメリカンウォーターフロント、ロストリバーデルタ、メディテレ―ニアンハーバーの3エリアで実施。スケルトンたちが、食事中のゲストにあいさつに来てくれます。

もちろんストリートパーティでは、食事も食べ歩きも、スイーツもすべてスケルトンメニュー。見た目怖くて食べられそうもありませんが、抜群に美味しいそうです。ぜひチャレンジしてみませんか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る