【tdr0834】盟友も復帰!パイレーツ・オブ・カリビアン5は一体どんな話

2017年7月7日より全米公開が予定されている大人気シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」の第5弾となる最新作「Pirates of the Caribbean Dead Men Tell No Tales(原題)」

2015年2月よりオーストラリアにて撮影を開始し、同年7月にクランクアップした本作は一体どのような物語になっているのでしょうか?

【あらすじ】

ジャックと因縁を持つ、強敵「サラザール船長」率いる呪われた海賊たちが、魔の三角海域「バミューダトライアングル」から脱出し、「海にいる海賊たちを一人残らず殺す」と行動し始める。そこで命を狙われた「ジャック・スパロウ」は生き残るために、“所持した者に海を支配する力を与える”という「ポセイドンのトリアイナ(矛)」を探すために奔走する。

またしても、厄介なことに巻き込まれて大ピンチになるジャック・スパロウ。

今回も楽しませてくれそうな物語ですね。

さて、シリーズの重要キャストとなっている「ジェフリー・ラッシュ(バルボッサ役)」や「キース・リチャーズ(ジャックの父役)」が登場するほか、1~3作に渡って出演していた「オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー役)」も久々に再登場しており、ファンからの注目度もいつになく高い作品となっている本作。

久しぶりにウィルとジャックの掛け合いを見ることができるかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る