【tdr0848】全員が全員キャストと呼ばれるわけではない?

東京ディズニーリゾートでは従業員のことを「キャスト」と呼ぶのは有名ですよね。

これは東京ディズニーリゾートが巨大なステージで、そこで行われるもの全てがショーであり、そのショーに登場する従業員はキャスト(役者)を担うからです。

しかし、ディズニーリゾート全てにおいて「キャスト」という名称が使われているわけではありません。実は東京ディズニーシーのミステリアスアイランドでは、従業員のことを「キャスト」と呼んでいないのです。

ミステリアスアイランドは、元々、ジュール・ベルヌの「海底二万里」に登場する島がモチーフとなったテーマポートで、物語に登場する船長ネモの潜水艦「ノーチラス号」が係留されています。

そして、従業員たちは皆、このノーチラス号の「クルー(乗組員)」という設定であるため、キャストではなくクルーと呼ばれているのです。

理由を知れば、なるほど納得ですよね。

因みに、ミステリアスアイランドのクルーたちは揃えた左手を右肩に当てるNポーズをとり、「モビリス・イン・モビリ(ネモ船長の言葉「変化をもって変化する」という意味)」と呼ばれる挨拶をすることでも知られています。

Nポーズをしてから「モビリス!」とクルーに言うと、同じポーズをとって「モビリ!」と返してくれますよ。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る