【tdr0206】食物アレルギーのあるゲストへの配慮とは?

テーマパーク内において、アトラクションやショッピング以外にも楽しめるものと言ったら、やはり食事は欠かせませんよね。しかし、食物アレルギーを抱える方にとって食事は悩ましい問題の一つでしょう。ましてや、友人や家族などと一緒に食事をとるとなると、そこで食事ができるか否か、食べられる物があるかどうかなど、色々配慮しなければならないので大変ですよね。

そんな方のために東京ディズニーリゾートでは、きちんと対策がとられています。

なんと東京ディズニーランドで12店舗、東京ディズニーシーで8店舗もの飲食店が低アレルゲンメニュー(5代アレルゲンである小麦、そば、卵、乳、落花生を含まないメニュー)を用意しているのです。

また、5大アレルゲン以外のアレルゲン(えび、カニなど)にも対応しており、注文時に相談することで、適切な対応がとられるようになっています。

では、その該当店舗がどこにあるのか、以下にまとめましたのでご覧ください。

◆東京ディズニーランド

【レストラン名】                【テーマランド】

イーストサイド・カフェ・・・・・・・・・・・・・ワールドバザール
センターストリート・コーヒーハウス・・・・・・・ワールドバザール
れすとらん北齋/ワールドバザール・・・・・・・・ワールドバザール
ポリネシアンテラス・レストラン・・・・・・・・・アドベンチャーランド
ブルーバイユー・レストラン・・・・・・・・・・・アドベンチャーランド
クリスタルパレス・レストラン・・・・・・・・・・アドベンチャーランド
プラザパビリオン・レストラン・・・・・・・・・・ウエスタンランド
スルーフットスーのダイヤモンドホースシュー・・・ウエスタンランド
ハングリーベア・レストラン・・・・・・・・・・・ウエスタンランド
グランマ・サラのキッチン・・・・・・・・・・・・クリッターカントリー
クイーン・オブ・ハートのバンケットホール・・・・ファンタジーランド
プラザ・レストラン・・・・・・・・・・・・・・・トゥモローランド

◆東京ディズニーシー

【レストラン名】                【テーマランド】

リストランテ・ディ・カナレット・・・・・・・・・メディテレーニアンハーバー
マゼランズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・メディテレーニアンハーバー
カフェ・ポルトフィーノ・・・・・・・・・・・・・メディテレーニアンハーバー
S.S.コロンビア・ダイニングルーム・・・・・・アメリカンウォーターフロント
レストラン櫻 ・・・・・・・・・・・・・・・・・アメリカンウォーターフロント
ホライズンベイ・レストラン・・・・・・・・・・・ポートディスカバリー
カスバ・フードコート・・・・・・・・・・・・・・アラビアンコースト
ヴォルケイニア・レストラン・・・・・・・・・・・ミステリアスアイランド

これだけの店舗で低アレルゲンメニューが提供されているのなら、食物アレルギーを抱えるゲストも安心ですね。

ですが、重度のアレルギーを持っているとなると話は別です。

重度ともなると、わずかな量でもアレルギーを発症し、重症となる可能性があります。いくらアレルギー対策を取っており、慎重を期して低アレルゲンメニューを提供しているとはいえども、提供までの間にアレルゲンが混入しないとは言い切れません。

例えば調理中にアレルゲンが空気中を舞って混入する、なんてことも考えられるわけで、重度アレルギーを持つゲストには料理を提供できないのです。

では、そんな方は一体どこで食事をしたらいいのでしょうか?

実は重度アレルギーを持つ人に限り、ディズニーパーク内に「お弁当を持参」しても良いことになっています。本来であればディズニーパーク内は持ち込み禁止なのですが、この場合は別というわけです。

食べる場所も別に限られてなく、「飲食出来る場所」であればOK。

そう、お連れの方たちと一緒にレストラン内に入り、お弁当を広げて食べてもいいのです。もちろん、店員の方にあらかじめ重度のアレルギーにより、お弁当を持参したという話を通しておくようにしましょう。

また、アレルギーでない方はディズニーパーク内で持ち込んだものを食べている人を見かけても、「持ち込み禁止なのに・・・」と安易に思わず、アレルギーなどの事情があることを念頭に置くようにしましょう。そういった誤解がお互いの気分を害することになります。

ちなみに、アレルギーでない方はディズニーパークの外にある「ピクニックエリア」でなければ、持参したお弁当を食べることが出来ません。

きちんとルールを守って楽しみましょうね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る