【tdr1624】「ワンス・アポン・ア・タイム」終了!その後はどうなるの?

2014年5月から東京ディズニーランドのナイトレギュラーとして親しまれていた「ワンス・アポン・ア・タイム」

プロジェクションマッピングによってシンデレラ城に映し出される美しく迫力あふれる映像はいつ見ても感動できますよね。

しかし、この「ワンス・アポン・ア・タイム」は2017年11月をもって終了。

新ショー「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」
「ワンス・アポン・ア・タイム」終了後、2017年11月8日から12月25日のクリスマス期間に新たなキャッスルプロジェクションマッピングショーが公演されることになっています。

その名も「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」

その名の通り、「クリスマスの贈り物」をテーマにした内容になっており、クリスマス音楽に合わせてディズニーの仲間たちの物語がシンデレラ城に映し出されるそうです。

ショーの公演時間は約15分、1日1~2回の公演を予定しているとのこと。

クリスマス限定ショー終了後はどうなる?

・2017年11月6日「ワンス・アポン・ア・タイム」終了
・2017年11月8日~12月25日「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」
・2018年1月11日~3月19日 「アナと雪の女王」の期間限定キャッスルプロジェクション

2017年4月現在、判っているのは上記のとおり。その後、どのようなキャッスルプロジェクションを行うかは明らかになっていません。

ただ、2018年は東京ディズニーランド開園35周年を迎えるアニバーサリーイヤー。それに合わせて特別なショーが企画される可能性も高いです。

「ワンス・アポン・ア・タイム」がなくなるのは寂しいですが、新たなキャッスルプロジェクションも期待大ですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る