【tdr0273】あの悪役スターがお忍びでディズニーランドを満喫していた

SF映画「スター・ウォーズ」の絶対的な悪役「ダース・ベイダー」

全身黒ずくめで、特徴的なマスクに機械染みた呼吸音と、その存在感はかなり強烈。登場時に流れるインペリアル・マーチ(帝国のマーチ)は今や「スター・ウォーズ」を見たことがない人たちにも浸透しているほど有名ですね。

もとはジェダイ(聖騎士)で強力なフォースを持っていたものの、妻を救いたいという強い思いを利用され、暗黒面に堕ち、「AFIアメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100(2003)」において悪役部門3位に輝いてしまった彼ですが、実はアナハイムにあるディズニーランドで遊んだことがありました。

二人のストーム・トルーパー(白い鎧を着た部下)を連れて、パンフレットを確認し、真っ先に向かったのは「スター・ツアーズ」

ですが、入口には「OPENING SOON」の看板。

実はこのとき、「スター・ツアーズ」はリニューアル中で、まだオープンしていなかったのです。

出鼻をくじかれたダース・ベイダーは回るティーカップに乗り、空飛ぶダンボに乗り、カルーセルに乗り、おやつを買ってパレードを見て、ロケットに乗り、マークトウェイン号の運航を楽しんで、おばけ相手にライトセーバーをちらつかせ、花火を楽しみ・・・一日通してディズニーランドを満喫しました。

そして夜になり、再び「スター・ツアーズ」へ訪れてみるも、やはりクローズのまま。痺れを切らしたダース・ベイダーはフォースの力で無理やり入口を開け、中へ強行突入しました。どうやら、リニューアルした「スター・ツアーズ」を勝手に楽しんだようです。

さて、読んでいて察しの付いた方もいるかと思いますが、これは「スター・ツアーズ」リニューアルオープンで公開されたプロモーションビデオ。

なかなか洒落ていて面白い仕上がりになっているので、一見の価値ありです。

あの絶対的な悪役ダース・ベイダーの可愛らしい一面を垣間見ることができますよ。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る