【tdr0555】東京ディズニーランド史上、2番目に高い商品とは

1983年に開園以来、東京ディズニーランドでは様々なものが販売されてきました。

可愛らしいディズニーキャラクターのグッズはもちろん、食品から日用品まで幅広く用意され、その金額もピンキリ。

その30年以上の歴史の中で、一番安い商品は開園当初販売していた1個10円の「キャンディー」で、一番高い商品はスワロフスキーで作られた特注品の「シンデレラ城」のミニチュアでした。

その金額は、驚愕の500万円

なかなか手が出ない金額ですが、なんとすでに購入済み。

タレントのスザンヌさんへのプレゼントとして斉藤和巳さんが購入し、現在はスザンヌさんの家で輝いています。

さて、上は500万円、下は10円と、とんでもない差額がでましたが、「2番目に高い商品」は最高額とどれほどの差が出るか、気になりませんか?

東京ディズニーランドで2番目に高額な商品とは、なんと「神輿」

ディズニーで神輿、というのも何だか違和感がありますが、東京ディズニーランドのアドベンチャーランドにある「千葉物産館・美術工芸」内にて、金色に輝く小さなお神輿が販売されています。

その額、なんと210万円

スワロフスキーのシンデレラ城の半額以下ではありますが、十分に高額です。

はたして、このお神輿が購入される時が来るのでしょうか?

また著名人のプレゼントになるのかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る