【tdr0205】ミッキーマウスの師匠につけられた名前とは?

0205

ディズニー長編アニメーションの3作目として1940年(日本では1955年)に公開された「ファンタジア」。バッハ、チャイコフスキー、デュカスなどの8編からなるクラシック音楽をバックにした物語集で、中でも魔法使い姿のミッキーマウスが活躍する3編目の「魔法使いの弟子」は有名ですよね。

「魔法使いの弟子」は魔法使いに弟子入りしたミッキーマウスの物語。つまり、タイトルがそのままミッキーマウスを意味するわけですね。ディズニーの看板キャラクターですから、別段おかしくはありませんが、その看板キャラクターであるミッキーマウスを弟子に取るとは、師匠もなかなかビックなキャラクターに思えませんか?

当時の製作側も師匠のビックさに気づいたのでしょうか、師匠の名前をかなりビックなものから取ってつけました。

その元となったものは、「Disney」そのもの。

この「Disney」を逆綴りにし、「イェン・シッド(Yensid)」と名付けたのです。確かにミッキーマウスを生み出したのはウォルト・ディズニーですから、このネーミングは的を獲ているように思います。

ビックな存在となったミッキーマウスですが、ウォルトの存在は超えられないということですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る