【tdr0989】ピクサー作品に毎回出て来る?ボールの正体

トイ・ストーリーにモンスターズ・インク、ミスター・インクレディブルにカールじいさんの空飛ぶ家など、数々の名作を世に送り出してきたピクサー。

どの作品も個性的なキャラクターが登場し、物語を盛り上げていますが、実はピクサー作品にはキャラクター以外に毎回“あるもの”が映り込んでいます。

そのあるものとは・・・「ルクソーボール」

赤い星と青いラインが一周プリントされている黄色いボールで、ピクサー初作品となった短編作品「ルクソーJr.」にて初登場し、ピクサーが独立企業として創立された翌年にあたる1986年に公開されました。

「トイ・ストーリー」などの監督を務めた「ジョン・ラセター」がピクサーに移って初めて手掛けた作品であることもあり、ピクサーにとってかけがえのない作品となった「ルクソーJr.」

主人公である電気スタンドは、今なおピクサー作品冒頭に登場し、見覚えのある方も多いかと思います。それと同時にルクソーボールもまた、さりげなく各作品の1シーンに登場しているのです。

例えば、「Mr.インクレディブル」では主人公の末息子ジャックの玩具の中に紛れていることもあれば、「モンスターズ・インク」のプーの部屋や「トイ・ストーリー」のアンディの部屋に転がっていたり、「カールじいさんの空飛ぶ家」で家が飛ぶときに映る女の子の部屋の中にあったりと、至るところで登場しています。

派手でポップな色合いのボールですから、見つけるのはそこまで難しくありません。

ピクサー作品を鑑賞する際にはルクソーボールの行方を探してみるのもお勧めですよ。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る