【tdr0212】「トイ・ストーリー3」に友情出演した日本のキャラクター

ピクサー・アニメーション・スタジオ製作のフルCG長編アニメーション映画「トイ・ストーリー3」。大人気シリーズであり、ピクサー代表作である「トイ・ストーリー」の完結作として、日本では2010年7月10日(アメリカでは2010年6月18日)に公開、全世界で興行収入10億ドル超えを記録した大ヒット作品です。

お馴染みのカウボーイ人形である「ウッディ」や、たくましいスペースレンジャー「バズ・ライトイヤー」のほか、シリーズを通して登場する個性豊かな玩具たちが活躍する物語ですが、この映画の中に「トイ・ストーリー」とは全く関係のないキャラクターが姿を現します。

本作品を見たことがある人ならご存知、スタジオジブリの「となりのトトロ」に登場する「大トトロ」ですね。「こっそり出演」というレベルではなく、(セリフはないものの)ぬいぐるみとして堂々と出演し、笑顔を振りまく大トトロには驚かされた人も多いのではないでしょうか。

しかし、何故、「トトロ」が共演することになったのでしょうか。

それは「トイ・ストーリー」シリーズを牽引してきたジョン・ラセター監督とスタジオジブリの宮崎駿監督との間に20年来の交流があったからでした。

その交流がピクサーとスタジオジブリを結びつけ、玩具という設定やセリフなしなどの条件つきでトトロの共演を実現させたのです。

アニメーションという枠で生まれた、国境を超えた友情というわけですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る