【tdr0080】ピクサー映画に出続ける声優がいる?

フルCGアニメーション映画で有名なピクサー・アニメーション・スタジオ。数多くあるヒット作の中にはトム・ハンクスやティム・アレン、スティーブ・ブシェミなど有名俳優が声優として出演している豪華な作品もあり、今やピクサーの名前を知らない人はいないほど有名になりました。

そんな中、1995年に公開された「トイ・ストーリー」をはじめとして、最新作である2013年公開の「モンスターズ・ユニバーシティ」に至るすべての作品に出演している声優がいるということはご存知でしょうか?

その方の名は「ジョン・ラッツェンバーガー」。アメリカで俳優兼声優をしている、1947年生まれの初老の男性です。

ジョンが出演するのはもはやお決まりの約束事、ジンクスみたいなもので、ピクサー映画には必ず登場します。では、どの作品のどのキャラクターで出演しているのか、まとめたのでご覧ください。

○【トイ・ストーリー】(1995)/【トイ・ストーリー2】(1999)/【トイ・ストーリー3 】(2010)
ハム・・・豚の貯金箱

○【バグズ・ライフ】(1998)
P.T.フリー・・・サーカスの団長

○【モンスターズ・インク】(2001)/【モンスターズ・ユニバーシティ】(2013)
イエティ・・・雪男

○【ファインディング・ニモ】(2003)
ムーン・フィッシュ・・・魚の群れ

○【Mr.インクレディブル】(2004)
アンダーマイナー・・・エンディング前に登場する敵。後に出るゲームのボス。

○【カーズ】(2006)/【カーズ2】(2011)
マック・・・輸送トレーラー

○【レミーのおいしいレストラン】(2007)
ムスタファ・・・ウエイター長

○【ウォーリー 】(2008)
ジョン・・・アクシオムに住む一般市民。

○【カールじいさんの空飛ぶ家 】(2009)
トム・・・建設作業員

○【メリダとおそろしの森】(2012)
ゴードン・・・ダンブロッホ王国の番人

これらの作品に全て出ているのですから、凄いですよね。

また、2006年に公開された「カーズ」のエンディングでは彼を題材にしたパロディ映画が上映されており、彼がピクサーにとっていかに「特別な存在」であるかが伺えます。

そのパロディ映画というのが、「トイ・カー・ストーリー」、「モンスターズ・トラック・インク」、「バグズ・ライフ」。
どれもこれもタイトルのもじり方が秀逸ですね。

ちなみに「カーズ」のスピンオフ映画であり、ディズニー・トゥーン・スタジオが手掛けた「プレーンズ」にも「旅客機牽引車:ハーランド」として出演しているというのだから、彼の演技の幅には驚かされるばかりです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る