【tdr1448】「インディ・ジョーンズ」最新作はディズニー配給で2019年公開!

考古学者“インディアナ・ジョーンズ”を主人公とした冒険活劇「インディ・ジョーンズ」シリーズ。

主演ハリソン・フォード、監督スティーブン・スピルバーグ、原案・製作総指揮ジョージ・ルーカスがタッグを組み、大ヒットを飛ばした人気シリーズに“新たな続編”が製作、公開されることが決まりました。

これまで
「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(1981年)
「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」(1984年)
「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」(1989年)
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(2008年)

の4作品がパラマウント・ピクチャーズの配給で公開されました。

元々、3作目の「最後の聖戦」でシリーズ完結のはずが、ファンの熱望と、ハリソン・フォード、スピルバーグの後押しがあり、制作された4作目。

以降、続編が作られることはないかと思われていましたが、2013年にウォルト・ディズニー・スタジオがパラマウント・ピクチャーズから版権を獲得したために実現することとなりました。

主演はもちろんハリソン・フォード!

公開が予定されている2019年には77歳を迎え、アクションは厳しいという見方もありますが、インディ=ハリソンのイメージは根強く、この決定はファンには嬉しい朗報となりました。

そして監督はスティーブン・スピルバーグが続投、ジョージ・ルーカスは今作品には参加しないとのこと。

「スター・ウォーズ」シリーズでも一線を退いていますから、「インディ・ジョーンズ」シリーズでもまた一線を退くことにしたのでしょう。

全米での公開予定日は2019年7月19日で、日本での公開予定日はまだ決まっていません。

気になる内容ですが、2009年ごろからストーリー案が練られており、あらすじも決まっているとのことですが、その詳細は明らかにされていません。

ただ、その内容についてはスティーヴン・スピルバーグとハリソン・フォードの間で合意済みだとか。

一体どんな内容になるのか気になるところですが、まずは続報を待つとしましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る