【tdr0056】「トイ・ストーリー2」に登場する○○のキャラクターとは?

1999年11月24日(日本では2000年3月11日)に公開された長編フルCGアニメーション「トイ・ストーリー2」。前作からおよそ4年の月日を経ており、ピクサー・アニメーション・スタジオが手掛けた長編アニメーションとしては3作目にあたります。

さて、そんな本作にはコッソリと「ある作品」のキャラクターが出演しています。その作品というのが、本作の1つ前にあたる作品で、1998年11月25日(日本では1999年3月6日)に公開された長編フルCGアニメーション「バグズ・ライフ」。この作品に登場した数名のキャラクターが、「トイ・ストーリー2」に紛れ込んでいるのです。

まずは、バズ達が「AL'S TOY BARN(アルのトイバーン)」に向かう道中。背景の植物の枝に、食いしん坊のイモムシ「ハイムリック」が、とまっています。その登場シーンはわずか2秒。本当にさりげないですね。

更に「AL'S TOY BARN(アルのトイバーン)」の店内にも登場します。ここではハイムリックがフィギュアとなっており、6体ほどセットで飾られています。また、ハイムリック以外にも、双子の団子虫「タック&ロール」や臆病なカブトムシ「ディム」もフィギュアとして飾られているのです。

そしてエンディングのNG集には、主人公のアリ「フリック」とハイムリックが出演。全体的にハイムリックの出番が多いですね。

ちなみに、本作ではキャラクター以外にも「バグズ・ライフ」が関わっています。例えば、冒頭のバズが飛行しているシーンの舞台となっている惑星。あれは「バグズ・ライフ」のアントアイランドのデータをリメイクしたものなのです。また、本作で使用された植物のCGも「バグズ・ライフ」の流用というのですから驚き。

他にも、アンディの部屋にかかっている8月のカレンダーの絵が「バグズ・ライフ」のものになっている、など、到る所で「バグズ・ライフ」に関係したものを見ることができます。

もし、次に鑑賞する機会があるなら、以上のことを頭の片隅に入れて見てみると面白いかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る