【tdr0692】「タワー・オブ・テラー」で立食パーティーが行われたことがある?

東京ディズニーシー史上最恐と謳われる「タワー・オブ・テラー」

2006年9月4日にオープン以来、人気の絶えないフリーフォール型アトラクションです。

地上59メートルという見た目のインパクトと約210億円もの巨費が投じられたことからオープン前の注目度が高く、複数用意された試乗会では定員を超す応募が殺到しました。

そんな人気の「タワー・オブ・テラー」の試乗会のひとつに、面白い試みが取り入れられたものがありました。それが、2006年8月30日に開催された「タワー・オブ・テラー プレビューバンケット」

なんと、この試乗会には「立食パーティー」がオプションとして付いていたのです。試乗会と立食パーティーという組み合わせだけでも斬新な気がしますが、一体どのようなパーティーだったのでしょうか?

会場となったのはタワー・オブ・テラーの舞台となったホテルハイタワーの1階ロビー。そこで「ニューヨーク市保存協会見学ツアー開始記念パーティー」という名目でパーティーが始まりました。

「ニューヨーク市保存協会」といえば、ホテルハイタワーのオーナー「ハイタワー三世」のライバルである「コーネリアス・エンディコット三世」の娘が設立した協会・・・。

そう、このパーティーアトラクションの設定に合わせたものだったのです。

そのため開催日も設定に合わせて「1912年8月30日」となっており、参加者は「タワー・オブ・テラー」の物語内に迷い込んだかのような気分を味わうことが出来ました。

因みにパーティーでは東京ディズニーシーのレストラン「セイリングデイ・ブッフェ」で演奏している音楽家の演奏会も行われ、美しい音色を聴きながら飲み放題のワインと豪華な料理・スイーツを楽しむことが出来たそうです。

またこのような機会があれば、是非参加したいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る