【tdr1783】「レイジングスピリッツ」で行われていた儀式とは

崩れかかった古代遺跡の発掘現場「レイジングスピリッツ」

この遺跡はかつて火の神「イクチュラコアトル」と水の神「アクトゥリクトゥリ」の石像を祀る神殿でした。

火と水は同時に存在出来ないもの。

そのため、この神殿では火の神と水の神は“背を向けていた”のですが、発掘復元チームが間違った推測から向かい合わせにしてしまい、神々の怒りが爆発。

神殿周囲で激しく炎が燃え上がり、水が噴き出し、採石場時代に残されたレールは捻じ曲げられ、ホッパーカーが高速で走り出す超常現象が起こるようになってしまいました。

・・・と、ここまでは有名な話ですが、実はこの神殿ではその昔“ある儀式”が行われていたそうです。

発掘調査によれば、この遺跡では選ばれた一人の“志願者”に“火と水と蒸気が吹き荒れる中をくぐり抜けさせる”という、とんでもない試練を課していたようです。

なんでも、この儀式を行わないと火の神「イクチュラコアトル」が激しい日照りと火山の噴火をもたらし、水の神「アクトゥリクトゥリ」がハリケーンや洪水を引き起こしたのだとか。

とんでもない試練ですが、それを行わないと更にとんでもない目に遭う・・・という、本当にとんでもない神々だったわけですね・・・。

ちなみにこの儀式の話は2009年1月ごろからしばらくの間公式サイトに載せられていたもの(現在ページは存在しません)で公式設定です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る