【tdr0531】東京ディズニーシーはお得!レイジングスピリッツ誕生秘話

東京ディズニーシー初の追加アトラクションとして2005年7月21日、ロストリバーデルタにオープンしたローラーコースターアトラクション「レイジングスピリッツ」

東京ディズニーリゾート初の垂直360度ループが設置されたことから「怒りのループコースター」とも呼ばれ、最速時には時速60キロも出るスリリングなアトラクションです。

この「レイジングスピリッツ」が設置されているのは実は2か所だけで、東京とパリにしかありません。

本場アメリカのディズニーパークには何故ないのでしょうか?

そもそも、「レイジングスピリッツ」はディズニーランド・パリにあるアトラクションが原型でした。

その原型アトラクションには更に原型があり・・・

アナハイムのディズニーランドにある「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」を元に製作されたアトラクション「インディ・ジョーンズと危難の魔宮」が「レイジングスピリッツ」の原型なのです。

・・・なんだか少し分かりづらいですね。

ディズニーランド・パリは元々「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」のようにオーディオアニマトロニクスを駆使したコースターアトラクションを導入したいと考えていました。

ところが、資金の問題で予算を大幅に削減しなければならず、屋外型コースターへと計画を変更せざるを得なかったのです。

それが「インディ・ジョーンズと危難の魔宮」でした。

そして360度ループを引っ下げた、スリリングで魅力的なアトラクションに変貌を遂げると、今度は東京ディズニーシーが「インディ・ジョーンズと危難の魔宮」を導入したいと名乗り出たのです。

ところが、この時すでに東京ディズニーシーには「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」がありました。

このため、「インディ・ジョーンズと危難の魔宮」の名称と物語を変更し、「レイジングスピリッツ」という名でオープンすることになったのです。

とはいえ、アトラクション内容や外観は同じですから、「ロストバリーデルタに2つのインディ・ジョーンズのアトラクションがある」状態になりました。

先述したとおり、「レイジングスピリッツ」は東京とパリにしかありませんし、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」は東京とアナハイムにしかありませんから、ある意味とても贅沢な状況と言えますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る