【tdr1261】ストームライダー跡地に新アトラクション!2017年春にオープン「ニモ&フレンズ・シーライダー」

2016年5月16日、東京ディズニーシーのポートディスカバリーのアトラクション「ストームライダー」がクローズを迎えました。

ストームライダーといえば、ポートディスカバリーのバックグラウンドストーリーにも関わるアトラクション。そのため、2016年中旬にはクローズに対して反対の声が挙がり、署名活動も行われましたが結果は変わらず。

クローズ当日は最長待ち時間220分を記録。18時半にはスタンバイの案内を打ち切ったものの、21時半頃に発生した地震の影響で最終便の案内は23時半を過ぎ、翌17日の0時5分頃運営を終了しました。

さて、ストームライダーがなくなり、なんだか寂しくなったポートディスカバリーですが、2017年春には新アトラクションが登場します。

その名も「ニモ&フレンズ・シーライダー」

2016年6月14日(日本では2016年7月16日)に公開された「ファインディング・ニモ」の続編「ファインディング・ドリー」の世界が舞台となっており、海底の世界を体験できる“映像とライドシステムの動きを融合させた”体験型アトラクションとなる予定です。

ファストパスも導入予定で、映画公開から1年経たずのオープンに期待の声も集まっています。

とはいえ、人気だったストームライダーのクローズはやはり、ディズニーシー好きにはショックが大きかったようです。

あとは「ニモ&フレンズ・シーライダー」がストームライダーを超える人気アトラクションとなるかどうかですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る