【tdr0971】タワー・オブ・テラーの待ち時間が不吉な数字になることがある?

休日ともなると1時間以上待つのが当たり前になる人気アトラクション「タワー・オブ・テラー」

東京ディズニーシーを代表するホラー系アトラクションですが、その待ち時間で“不吉な数字”が表示されることがあります。

その数字とは「13」

「13」という数字は西洋では「忌み数」として避けられている数字。

有名ホラー映画「13日の金曜日」や「13階段」など、日本人にとっても「13=不吉な数字」として認識されているかと思います。

タワー・オブ・テラーでは、その忌み数を“10分程度の待ち時間の時にあえて表示”させて恐怖をあおる演出をしているのです。

因みに東京ディズニーランドの「ホーンテッドマンション」も同様で、こちらも10分程度の待ち時間の時に13分と表示されるようになっています。

どちらも人気アトラクションですから、なかなか見る機会がないかと思いますが、空いている時期に訪れることがあったら是非チェックしてみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る