【tdr1550】実写「美女と野獣」の日本吹き替えキャストが決定!顔ぶれは・・・?

全米では2017年3月17日、日本では2017年4月21日に公開を控えている実写映画「美女と野獣」

ディズニーの名作が実写になること、主演女優にエマ・ワトソンが抜擢されたことで注目されていましたが、2017年1月31日、遂に日本版プレミア吹き替えキャストが発表されました。

気になるキャスト陣は・・・

ベル:昆夏美
野獣:山崎育三郎
ガストン:吉原光夫
ル・フウ:藤井隆
ポット夫人:岩崎宏美
モーリス:村井國夫
ルミエール:成河
プリュメット:島田歌穂
コグスワース:小倉久寛
マダム・ド・ガルドローブ:濱田めぐみ
チップ:池田優斗

主人公ベルの吹き替えに抜擢されたのは数多くの名作ミュージカルで大役を演じている女優、昆夏美さん。

主役の吹き替えに決まったことについて・・・

「子供のころから、本作の大ファンでした。ビデオが擦り切れるくらいまで見返した作品で、実写版の映画化が決まった時は、一ファンとして早く見たいという気持ちもありました。なので、吹き替えキャストでこの作品に携われることが本当に光栄です。ベルは、ディズニー作品の中でも芯のある自立した女性。それを意識して収録したいです」と作品への愛と意気込みを語りました。

そして野獣の吹き替えに抜擢されたのは数多くのミュージカルに出演し、ドラマ「下町ロケット」や「突然ですが、明日結婚します」などにも出演している俳優、山崎育三郎さん。

彼もまたディズニー作品のファンで、「何度もテープを見て、『いつか自分はディズニーの吹き替えをしたい!』と願い続けていた夢が叶った気持ちです。また、ミュージカル界のスーパースターや素晴らしい役者の方々と一緒に仕事ができることも大変光栄です」と夢を実現させたことについてコメントしました。

その他、劇団四季出身の濱田めぐみさん、吉原光夫さんに、歌手の岩崎宏美さんやベテラン俳優の村井國夫さんなどそうそうたるメンバーが参加。そんな中、一人お笑い芸人である藤井隆さんは「MCの中井美穂さんが『なぜ、あなたが?』という顔をされているのですが、ぼくもなぜこのメンバーの中いるのだろうと思っています・・・。粗相のないようにガストンを盛り上げてまいります」とコメントし、会場を湧かせました。

監督も期待大の吹き替えキャスト?

キャスト発表のイベント終盤には、実写版映画のビル・コンドン監督によるビデオメッセージがモニターで流れ、吹き替えキャスト陣に対し、「実写版のキャストには、エマ・ワトソンやダン・スティーヴンスなど素晴らしい役者が出演しています。今回、日本版のプレミア吹替えキャストに、ミュージカル界からもトップクラスのキャストが集まってくれて、私も楽しみです!」とコメント。

日本版の吹き替えに大きな期待を寄せました。

間もなく公開される実写版の「美女と野獣」

一体どんな仕上がりになっているのか、楽しみですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る