【tdr1545】「カリブの海賊」のバルボッサ達のセリフとは・・・

バトーと呼ばれるボート型のライドに乗って海賊時代を体験するアトラクション「カリブの海賊」

冒頭の骸骨(トーキングスカル)の下をくぐるとゲストは一気にタイムスリップ。

そしてデッドマンズ・コープの先にはキャプテン・バルボッサ率いる海賊船が砦と撃ちあっているシーンに突入します。

このシーンは海賊たちの怒号が飛び交い、かなり緊迫していますが・・・、そのセリフの全ては英語のため理解できない人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はこのシーンの訳をまとめてみました。

We will never surrender.
我々は決して降伏しないぞ。

Get on the broadside!Pound them,lads!Pound them!Ha Ha Ha Ha Ha Ha!
船べりに登れ!野郎ども、撃て!撃ちまくれ!ハハハハハハッ!

Barbossa,we’re going to sink your ship!
バルボッサ、お前の船を沈めるぞ!

Captain Jack Sparrow…show yourself,you miserable cur!
キャプテン・ジャック・スパロウ・・・姿を見せろ、惨めな卑怯者が!

Strike your colors,ya blooming cockroaches!
降伏して旗を降ろせ、ゴキブリ野郎ども!

Surrender,Captain Jack Sparrow!
降伏しろ、キャプテン・ジャック・スパロウ!

Or,by thunder,we’ll burn this city to the ground!
さもないと、この町を全焼させるぞ!

They need a bit persuasion,mateys.Fire at will!
奴らにはちょっとした説得が必要だな。撃て!

We’re not afraid of you!
お前なんか恐れないぞ!

It’s Captain Jack Sparrow we’re after,and a fortune in gold.
あれが我々が追っていたキャプテン・ジャック・スパロウと金の財産だぞ。

Run up your white flag,ya scurvy scum.
白旗をあげろ、卑劣なクズども。

Bring me Captain Jack Sparrow,or I’ll be sendin’ya to Davy Jones!
キャプテン・ジャック・スパロウを差し出せ、さもないとお前たちをデイヴィ・ジョーンズのところへ送るぞ!

実は海賊たちは以上のようなことを言っていたのです。

セリフが解ると、このシーンの緊迫さがよりリアルに感じられますね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る